ビジネスカードの効用

ビジネスカードは、名刺という意味の英語の単語ですが、これを名刺ではなく、ビジネスカード、と書くとなんとなく、カッコイイ、と感じますね。このビジネスカードには、一般的に、個人名/(課長とか部長とかの)職位/所属部署/勤務先の会社名/住所/電話番号/ファックス番号に加えて最近では、電子メールアドレスも印刷している会社もあります。また、表を日本語、裏を英語で印刷している場合もあります。それだけ、日本でも国際的に仕事をする会社が増えている、ということでしょうね。初対面の外国人と名刺を交換する時に、英語の面を見えるようにして挨拶すると、この人は英語が分かる、と相手に理解されてしまい、先方が英語で挨拶をされ、どのように反応すればよいか困ってしまった、ということもあるようです。そのような場合に備えて、最低限の挨拶を英語で出来るように、準備しておくことがどうしても必要となるでしょう。これも、国際化していく、仕事の一貫でしょうか。



ダイナーズクラブのビジネスカード



もともとダイナースクラブは、海外のアメリカに本拠地を構える消費者金融業を営む一海外企業にあたります。そして、同社はそうした一般消費者だけではなく、ビジネスオーナーや個人事業主、会社役員などの方々を対象にした、あくまでこれらの事業を営んでいる方々の社用経費決済のみを対象としたのが、同社によるビジネスカードにあたります。これは従来の同社の一般的なダイナースクラブカードでの各種サービスを踏襲しつつ、事業者向けのビジネス・プロフェッショナル的な特別のサービスが多数揃えられているものとなっています。そして、なんといっても同カードの特徴はといえば、社用経費がカード払いで出来る点です。備品購入費、公共料金、接待費等、様々な社用経費をこのビジネスカードでの支払いが可能であり、全ての決済をこのカードにまとめることで、経費処理や利用状況の確認などもスムーズになってポイントも貯まる仕組みとなっているところが魅力といえます。



ビジネスカードでグルメを味わいましょう。



グルメを味わいながらビジネスカードの魅力を追求してください。ポイントを貯めると世界観が広がります。多彩なシーンで使い分けることが出来るので人気があります。従業員にカードを発行するのであればこのようなカードを選んだほうが良いのかもしれません。無料でカードを提供しているので経済面の緩和が見込まれています。経費処理や利用状況の確認が出来ます。なのでプライベートアドバイザーの意見を参考にしてビジネスカードの特典を吸収しましょう。そして会計ソフトの必要性を感じ取ってください。加盟店も多いです。ビジネスシーンを見直しながらサービスのサポート体制を見直してください。このような作業を積み重ねてメンバーとして地位を保ちましょう。出張の手配にも様々な工夫が施されているはずです。キャンペーンの内容と照らし合わせて最新情報を入手しましょう。