東京の居抜き物件の探し方を教えます

東京で飲食店を開業するには、客席の内装やキッチン設備に初期費用が必要です。通常のスケルトン物件の場合は、自分のイメージ通りにお店を作ることができるというメリットもありますが、かなりの費用を必要とします。飲食店の開店にかかる工事は、坪単価でおよそ40万円です。特にトイレなどの水回り、キッチンなどの厨房には、配管やダクトの工事を行うための費用が必要です。その点、居抜き店舗であれば、前テナントが利用していた厨房設備や什器、テーブルなどの内装を使うことができます。似た業種の飲食業で開業する場合は、設備費用の大幅な節約になります。退出する前テナント側も、解体費用を低くできるのが特徴です。ただし冷蔵庫やガス器具などは新品ではないので、契約前に、異常なく稼働するかどうかを点検するべきです。

造作譲渡の交渉をする際に注意すること

東京の居抜き物件がまだ新しい場合、前テナント側から、様々な厨房設備を買い取ってほしいと言われることがあります。これは造作譲渡と呼ばれるケースで、希望の買い取り金額を全テナント側と交渉することになります。造作譲渡の契約をすれば、新品を買うより安価な費用で済むというメリットがありますが、業種によっては、その機器が利用できないこともあるので注意が必要です。また劣化が激しい厨房機器は、いくら安くても後に故障するリスクもあるので、十分検討する必要があります。場合によっては、修理費用の方が高くつくこともあるからです。ただし新しい設備を導入すると、開店までの日数が遅れるため、物件探しの段階でよく調べておくことが大切です。しかし店舗のオープンが事情によって遅れることはよくあることなので、余裕をもった計画を立てるべきです。

開店準備の計画は十分練っておく

東京で店舗用の物件を借りる場合、初期の予算があまりない場合は、居抜き店舗が便利です。しかし従来の居抜き物件は、ほとんど全てが飲食店でしたが、最近では美容室やエステサロンの居抜き店舗も紹介されています。そのため不動産会社で探す時は、前テナントの事業内容を詳しく聞いておく必要があります。また、居抜き店舗でもスケルトン物件でも、借りた時点で賃料が発生します。まだ売上が全くない準備期間中にも賃料がかかりますので、開店準備の計画は十分練っておく方が良いです。また業種にもよりますが、一般的に、物件の賃貸契約を結んでから1か月で内装工事を完成させて、2か月目に開業するのがベストです。居抜き物件によっては2週間で工事が終わり、3週目にはオープンできることもあります。